山陽電鉄グループのSDGs達成に向けた取り組み

山陽電鉄グループでは、お客さまや地域社会の皆さまの生活を支える総合サービスを提供するとともに、環境配慮や地域貢献などの社会的課題の重要性を認識し、持続可能な社会の実現に向けて事業活動を通じてさまざまな取り組みを進めています。

主な取り組み

環境に配慮した事業活動の推進

駅や車両の省電力化、再生可能エネルギーの活用、ZEH-M(ゼッチ・マンション)の計画(山陽電鉄)やバイオマスマーク認定包材の導入(山陽百貨店)などを通じて環境配慮に取り組んでいます。

  • 従来型車両に比べ1編成あたり消費電力を50%以上削減した省エネ車両の導入
  • 駅ホームや信号機、踏切警報灯などのLED化の推進
  • 須磨浦ロープウェイなどで使⽤する電⼒を実質的に再⽣可能エネルギー100%に変更し運⾏
  • CO2を排出しない環境へ配慮したEVタクシーの導⼊
エネルギーをみんなに そしてクリーンに
気候変動に具体的な対策を
パートナーシップで目標を達成しよう
6000系車両
駅の照明は全駅LED化が完了
須磨浦ロープウェイ
EVタクシーの導入
(山陽タクシー)
  • 環境負荷の低減・持続可能な社会の実現に向けたZEH-M(ゼッチ・マンション)の計画。
    詳細はこちら
エネルギーをみんなに そしてクリーンに
産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを
気候変動に具体的な対策を
ZEHデベロッパー登録
  • バイオマスマーク認定商品のレジ袋の導入(山陽百貨店)
  • アパレルメーカーと共同でリサイクルキャンペーンの実施(山陽百貨店)
つくる責任つかう責任
気候変動に具体的な対策を
海の豊かさを守ろう
パートナーシップで目標を達成しよう
バイオマスマーク認定商品のレジ袋

安全・安⼼・快適なサービスの提供

激甚化する自然災害への事前対策や新しい技術の導入による事故防止(山陽電鉄)などを通じて、安全・安心・快適なサービスのさらなる維持向上に取り組んでいます。

  • 激甚化する自然災害への対策
  • AI画像解析による人検知と信号保安装置を連動させた踏切障害物検知システムの実運用を国内初導入
産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを
気候変動に具体的な対策を
崩落が懸念される箇所での法面防護工事
踏切障害物検知システムの概要

駅バリアフリー化の推進(山陽電鉄)やノンステップバスの導入(山陽バス)などを通じて、地域の皆さまに安心して移動していただけるように取り組んでいます。

  • 鉄道駅バリアフリー料金制度も活用した駅や車両のバリアフリー化工事により、誰もが利用しやすい設備を提供
  • 地域のニーズに対応したきめ細かいサービスの提供
  • 高齢のお客さまも乗り降りがしやすいバスやタクシーの導入
すべての人に健康と福祉を
産業と技術革新の基盤をつくろう
人や国の不平等をなくそう
住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう
バリアフリー化された東須磨駅
新設した北改札口と駐輪場(飾磨駅)
ノンステップバスの導入
(山陽バス)
ユニバーサルデザインタクシーの導入
(山陽タクシー・大阪山陽タクシー)

魅⼒的なまちづくり

当社主催のイベントの実施や駅を中心としたまちづくりへの関わりなどを通じて、魅力的なまちづくりに取り組んでいます。

  • お客さまや地域の皆さまへの感謝を込めたイベントの開催(鉄道フェスティバル)
質の高い教育をみんなに
パートナーシップで目標を達成しよう
鉄道フェスティバル
  • 山陽姫路駅ビル1階(南館)通路の整備および⼭陽百貨店南館増床による姫路駅周辺のにぎわいの創出
  • 西新町駅(明石市)の連続立体化事業と、高架下や駅周辺のにぎわいの創出
住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう
山陽姫路駅ビル1階(南館)通路
山陽百貨店南館増床
高架化された西新町駅
西新町駅周辺
  • 高齢者が安心して暮らせる住環境の提供
    (太陽光発電システムを導入した介護付き有料老人ホームの整備)
すべての人に健康と福祉を
エネルギーをみんなに そしてクリーンに
住み続けられるまちづくりを
気候変動に具体的な対策を
介護付き有料老人ホーム
「チャーム明石西二見」

パートナーシップの強化

行政や企業との連携や、イベントの実施・協賛などを通じて、パートナーシップの強化に取り組んでいます。

質の高い教育をみんなに
住み続けられるまちづくりを
陸の豊かさも守ろう
パートナーシップで目標を達成しよう
神戸市との事業連携協定
トライやるウィークの様子
神戸マラソンへの協賛(山陽電鉄)
※画像は「神戸マラソン2023」大会時
ヴィッセル神戸ラッピングバス
(山陽バス)
  • 道路が狭く坂が多い一般路線バスの空白地域で住民の皆さま、行政と連携したコミュニティバスの運行
住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう
コミュニティバス「しおかぜ」
(山陽タクシー)

多様な⼈財の育成と、⼀⼈ひとりが能⼒を発揮できる職場づくり

「健康経営優良法人」の維持(山陽電鉄)などを通じて、一人ひとりが能力を発揮できる職場づくりの整備に取り組んでいます。

すべての人に健康と福祉を
ジェンダー平等を実現しよう
働きがいも経済成長も
人や国の不平等をなくそう
健康経営優良法人2024 Health and productivity

コンプライアンスの徹底とガバナンスの充実

中長期的に取り組むべき課題として「コンプライアンスの徹底とガバナンスの充実」を掲げ、グループ全体でコンプライアンスの強化に取り組んでいます。
また、持続的な成長を実現するために、コーポレート・ガバナンスの継続的な強化にも取り組んでいます。

  • 山陽電鉄グループ企業倫理規範の制定、コンプライアンス相談窓口の設置、コンプライアンス教育の実施
  • 経営の健全化や効率性および透明性を高めるための適切な体制の整備
    詳細はこちら
  • リスク管理規定に基づく定期的なリスク把握・評価および適切な対処・対応
平和と公正をすべての人に
SDGs(Sustainable Sevelopment Goals)
山陽バス
山陽バス トラストツアー
山陽百貨店
須磨浦山上遊園