山陽電鉄グループのSDGsに向けた取組み

山陽電鉄グループでは、お客さまや地域社会の皆さまの生活を支える総合サービスを提供するとともに、環境配慮や地域貢献などの社会的課題の重要性を認識し、持続可能な社会の実現に向けて事業活動を通じてさまざまな取り組みを進めています。

主な取組み

環境への配慮

駅や車両の省電力化(山陽電鉄)やバイオマスマーク認定包材の導入(山陽百貨店)などを通じて環境配慮に取り組んでいます。

  • 従来型車両に比べ消費電力を40%以上削減した新型車両の導入
  • 駅ホームや信号機、踏切警報灯などのLED化の推進
エネルギーをみんなに そしてクリーンに
住み続けられるまちづくりを
気候変動に具体的な対策を
6000系車両
駅の照明は全駅LED化が完了
  • バイオマスマーク認定商品のレジ袋の導入(山陽百貨店)
  • アパレルメーカーと共同でリサイクルキャンペーンの実施(山陽百貨店)
つくる責任つかう責任
気候変動に具体的な対策を
海の豊かさを守ろう
バイオマスマーク認定商品のレジ袋

安全・安心の維持・向上

激甚化する自然災害への事前対策や新しい技術の導入による事故防止(山陽電鉄)などを通じて、安全・安心のさらなる維持向上に取り組んでいます。

  • 激甚化する自然災害への対策
  • AI画像解析による人検知と信号保安装置を連動させた踏切障害物検知システムの実運用を国内初導入
産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを
気候変動に具体的な対策を
崩落危険個所での法面防護工事
踏切障害物検知システムの概要

快適なサービスの提供

駅バリアフリー化の推進(山陽電鉄)やノンステップバスの導入(山陽バス)などを通じて、地域の皆さまに安心して移動していただけるように取り組んでいます。

  • 駅や車両のバリアフリー化工事により誰もが利用しやすい設備を提供
  • 地域のニーズに対応したきめ細かいサービスの提供
  • 高齢のお客さまも乗り降りがしやすいバスやタクシーの導入
すべての人に健康と福祉を
人や国の不平等をなくそう
住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう
バリアフリー化された大塩駅
新設した北改札口と駐輪場(飾磨駅)
ノンステップバスの導入
(山陽バス)
ユニバーサルデザインタクシーの導入
(山陽タクシー・大阪山陽タクシー)

地域貢献・沿線活性化

イベントの実施や協賛(山陽電鉄など)、駅を中心としたまちづくりへの関わり(山陽電鉄など)などを通じて、沿線地域の活性化に取り組んでいます。

  • 中学生を対象とした就業体験(トライやるウィーク)への協力
  • お客さまや地域の皆さまへの感謝を込めたイベントの開催
  • 地域を盛り上げるスポーツイベントへの協賛
質の高い教育をみんなに
住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう
トライやるウィークの様子
鉄道フェスティバル
ヴィッセル神戸ラッピングバス
(山陽バス)
KOBEマラソンへの協賛(山陽電鉄)
※画像は第9回大会時
  • 道路が狭く坂が多い一般路線バスの空白地域で住民の皆さま、行政と連携したコミュニティバスの運行
住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう
コミュニティバス「しおかぜ」
(山陽タクシー)
  • 西新町駅(明石市)の連続立体化事業と、高架下や駅周辺のにぎわいの創出
住み続けられるまちづくりを
高架化された西新町駅
西新町駅周辺

働きやすい職場環境の整備

「健康経営優良法人」の維持(山陽電鉄)などを通じて、従業員の働きやすい職場環境の整備に取り組んでいます。

すべての人に健康と福祉を
ジェンダー平等を実現しよう
働きがいも経済成長も
人や国の不平等をなくそう
健康経営優良法人2022 Health and productivity

ガバナンスの強化

SDGs(Sustainable Sevelopment Goals)
山陽バス
山陽バス トラストツアー
山陽百貨店
須磨浦山上遊園