鉄道情報

鉄道情報

トップページ  > 鉄道情報  > PiTaPaについて  > JR西日本でもPiTaPaがご利用可能

JR西日本でもPiTaPaがご利用可能

JR西日本でのご利用には、事前チャージが必要です。

PiTaPaカードは、JR西日本(ICOCAエリア)内でもご利用できます。
PiTaPaをJR西日本(ICOCAエリア)でご利用いただく場合は、ご利用前にカード内へのチャージ(入金)が必要です。
カード内の残額(チャージされた額)から、ご利用区間の普通旅客運賃が減額されます。

※「近畿圏エリア」「岡山・広島エリア」の範囲に限り、ご利用が可能です。

※エリア内の駅でも、一部ご利用できない駅があります。

※両エリアをまたがるご利用はできません。

※新幹線はご利用できません。

精算機での現金チャージの方法

(1)
自動精算機のICカードホルダーにPiTaPaを差し込みます。
(2)
1,000円 2,000円 3,000円のボタンから、ご希望のチャージ額を選択します。
(3)
選択された金額を自動精算機に入金します。(1000円札以外はご使用できません)
(4)
チャージ完了音が鳴った後に、PiTaPaをカードホルダーから取り出してください。

オートチャージサービス

PiTaPaをPiTaPa利用エリア内の改札機等にタッチしたとき、PiTaPaのカード残額が1,000円以下であれば、自動的に2,000円(小児は500円以下の場合に1,000円)を自動的にチャージ(入金)します。
チャージされた金額は、毎月のPiTaPaのご利用額にプラスされます。
オートチャージサービスの利用には、事前の登録が必要です。オートチャージ利用登録はカード入会申込時に行うことができます。
カード到着後にオートチャージの登録または解除をご希望の場合は、PiTaPaカードと本人確認書類(免許証・健康保険証・学生証など)をご用意のうえ、PiTaPa利用可能エリアの主な駅・営業所等にお申し出ください。

▲ページトップへ