Loading...

エスコート

もっとうれしい! もっと知りたい! 山陽沿線GUIDE 「エスコート」

雨の日はパピオスあかしへ

雨の日はパピオスあかしへ

お得な乗車券情報 周辺の口コミ情報
雨が続くこの季節。休日もどこに出かけるか迷ってしまう…という方は、パピオスあかしはいかが?
鉄道イベントやキッズスペースなど、お子さんも大満足の楽しい一日を。

【2F】 あかし市民広場

大人もこどもも楽しい!
山陽電車 ミニ鉄道フェスティバル 【6月24日(土)】

車掌さんがお出迎え

オリジナルグッズも

山陽電車110周年

山陽電車は今年で創立110周年。この記念すべき年に、お客さま・地域のみなさまのこれまでのご愛顧に感謝を込めて、山陽電車に親しんでいただけるイベントを開催!
沿線の学校によるブラスバンド演奏や合唱、お子さまには山陽電車のペーパークラフト作成、ぬりえ体験など、お楽しみ満点のわくわくイベント!詳しくは近日中に掲載予定の駅貼りポスター、山陽電車ホームページなどでご確認を。

※画像は過去イベントの様子

【2F】 ジュンク堂書店/【4F】 あかし市民図書館

本好きにはたまらない!

●ジュンク堂書店

ジュンク堂書店が明石市立図書館とコラボして、より読者のための書店へ。高いけれど圧迫感の少ない書棚にはたっぷりと書籍を収容。パワーアップして3年ぶりに明石に帰ってきたジュンク堂書店に行ってみよう。

【電話番号】 078-918-6670
【営業時間】 10:00〜21:00・年中無休

●あかし市民図書館

すべての人に+αと称し、明石市の本と情報の拠点として開館したあかし市民図書館。書店と合わせ、本の数日本一を目指す。ゆったりと読書を楽しむためのカフェラウンジや、様々な催しも。

【電話番号】 078-918-5800
【営業時間】 10:00〜21:00 ※土・日曜・祝日は〜19:00・毎月第三火曜、年末年始、長期整理日休

【1F】 ときめき横丁

もちろんご飯も充実!

明石焼き

ときめき横丁と名付けられた1F横のフロアには飲食店がずらり。20店舗以上、肉、魚、和風、創作、多国籍料理にカフェ、居酒屋と、あらゆるジャンルの食が揃うから、ランチやディナーに事欠くことなし。もちろん、明石の名物・明石焼の名店も!

【5F】 あかしこども広場

キッズスペースで退屈知らず!

◆親子交流スペース「ハレハレ」

【エアトラック】

【ボールプール】一面ボールの海が広がる

人気の屋内大型遊具が揃い、こどもも大人も一緒になって遊べる、新しい遊び場。雨の日でも思いっきり体を動かして遊ぼう!小学生以下のこどもとその保護者が対象で、1回90分、1日4回の総入れ替え制。市民は無料、市外の方も1人1回300円でたっぷり遊べる。

◆あかし子育て支援センター

プレイルーム

こども図書室

こどもと保護者がおもちゃで自由に遊んだり、親同士、こども同士で交流や情報交換をしたりできる場所。市内最大規模の「プレイルーム」と、8,000冊以上の本が並ぶ「こども図書室」のほか、子育てに関する相談に乗ってもらえるうれしい「相談ルーム」も。

明石たこ大使 さかなクンの「ギョギョルーム」

明石といえば「たこ」。お魚博士のさかなクン(東京海洋大学名誉博士・客員准教授)と明石市が“ギョラボ”もといコラボした部屋。さかなクンが描いた明石の海に住む約40種類のたこやお魚のイラストがお部屋一面に広がり、2つあるテレビでは、さかなクンが明石のたこやお魚についてイラストを描きながら紹介してくれる。

パピオスあかし コラム

●名前の由来

「パピオスあかし」は、市民のオアシス・殿堂となり、明石市の新しい文化を創造する広場になるようにとの願いを込めて、キーワードの文字の一部をつないだ造語。

●ロゴは明石をイメージ

ロゴの青色と緑色の配色は、明石の海と、明石の自然(大地)を表現。名前と相まって、明石と明石市民にとっての憩いの場を表すシンボルになっている。

詳細情報をみる
  • 明石市大明石町1-6-1
  • 営業時間は店舗による
  • 「山陽明石駅」南すぐ

地図をみる

山陽電車

▲ページTOPへ

山陽電車

エスコート最新号

山陽電車