お知らせ

お知らせ

7月2日より『山陽電車創立110周年記念号』を運行しております。

2017.07.07 更新

運行日

2017年7月2日(日)から2017年12月末まで(予定)

運行区間

山陽姫路駅~阪神梅田駅間

デザイン

ラッピング電車には6両編成の両端の車両には、須磨浦ロープウェイ「やまひこ(赤色ボディー)」「うみひこ(白色ボディー)」のデザインをラッピングしております。また、中間の4両には、姫路城、好古園、明石海峡大橋などの沿線観光名所をラッピングしており、須磨浦山上遊園から望む大阪湾、明石海峡のパノラマ展望も併せてラッピングしております。また、同列車の車内には、創立100周年(2007年)から現在に至る10年間の歴史を振り返ったポスターや110周年記念ポスターも掲出しております。

『山陽電車創立110周年記念号』を運行中
2017年7月2日(日)から2017年12月末まで(予定)

詳しくはこちら

 

時刻表

*予告なしに運転時刻を変更する場合があります。

お知らせ一覧へ戻る

110周年限定電車

『山陽電車創立110周年記念号』を運行しております。

安全に向かって出発進行!

「もっと安全に、もっと快適に」ご利用いただくために、山陽電車が取り組んでいることをご紹介します。

安全なんでもQ&A「ホームのお客さまを守る」
ホーム床面の文字

ホーム床面に文字が書かれているのを見かけますが、何のためですか

ホームを歩くお客さまにすぐ気がついてもらえるよう、直接ホーム床面に書いています。ホームには発車時刻表や出口の案内など少し離れたところからでも見える案内もありますが、お客さまの安全を守るためにわざと床面に設置しています。
乗車位置整列ガイド

ほかにもホーム床面に書かれた案内はありますか

電車を待つときは整列してお待ちいただきますが、まっすぐに並ぶと、列がホーム幅いっぱいになって、ホームを歩くお客さまの妨げになることがあります。これを防ぐために、わざと列を曲げて、ホームを歩くお客さまの通路を開けてお待ちいただくよう、ガイド線を引いてあります。そのようなところでは、線にそってお並びいただきますよう、ご協力をお願いいたします。
一覧はこちら

山陽電車と、山陽沿線と。

  • 2000系ロマンスカー特急
  • 兵庫電気軌道1形
  • 西代車庫
  • アルミカーと同形のステンレスカー(左)

山陽電鉄グループ各社

  • 舞子ホテル
  • 舞子ホテルインスタグラム
  • 山陽百貨店
  • 神戸PiTaPa
  • 須磨浦山上遊園